ITunes Matchが止まる件

iTunes Matchはじまりましたねー。
全部の音楽データをMacに入れてる時は容量をセーブしたくて、USのアカウントで使ってみたのだけどその時は日本のiTunes Storeで購入したDRMで保護されたデータがマッチもアップロードをされずやめてしまいました。

で、今回日本でサービスが始まったということで特に必要性は感じなかったけど、せっかくなので初日にサインアップして御多分にもれず途中で止まるというトラブルに巻き込まれまくりました。

1、Step1が止まる問題は、「iTunes Matchをアップデート」でだいたい解決します。
これはUSバージョンでも発生するようで、英語でのツイートもちょくちょく見ます。
スクリーンショット 2014-05-05 15.59.44
スクリーンショット 2014-05-05 16.24.51

2、Step2の進行中だけど、ちょくちょく止まる問題は、サインアウト・サインインを繰り返せばだいたい解決します。
これもUSバージョンでも初回は発生しました。2〜3回繰り返した気がします。

3、2をやっても一向に進まない場合、これがかなり困りモノです。2000曲中1995曲くらい完了してあと少しで進まないアレです。
「iCloudの状況」を表示させてどの曲で詰まってるか確認します。

スクリーンショット 2014-05-05 16.28.35

スクリーンショット 2014-05-05 16.06.14

詰まってる曲を一旦iTunesから削除してマッチングを再開させます。これで完了すれば、この曲が原因なのが確定ですね。 その際Step3は光の速さで完了します。処理的には並列で動いてるけど、表示は単一なのでStep2だったということでしょうか。Step3のアップロードのアクションは既に終わってる状態です。

私の場合25曲程がこのどうしょうもないファイルたちでした。
うち12曲はなんとしてもアップロードさせたい思い出アルバムの曲たちです。13曲入りのアルバムの12曲だけがアップロードできない状態でした。
タグを弄ってもAACにしてもWAVにしてもダメなのでやっぱり波形の問題?と思いAudacityという波形編集ソフトでフィルターかけてみたけどダメ。
最終的に一応アップロード可能なファイルができたのだけど、曲の最後7秒ほどを削ったバージョン。3秒ほどではダメ。アップロードに失敗してしまいます。
ただ7秒だと曲が削られてしまうんですよね。残念。さすがにこれは採用できず未だアップロードできないままです。

これがアップルのソフトウェアクオリティというべきか、長年のアップル信者の私もさすがにがっかりです。
以前なら「こういうところもひっくるめてアップルの良さ!」と言ってたになあ。

0

CTU

別にドラマ24の話ではありません。
最近引越しをし、フレッツ光(西日本)を導入しました。
以前使ってたサーバーをそのまま設置したところどうも外部から接続できない。
で、調べたところCTUに問題があったみたいです。
CTUは光プレミアムの接続に使うルータです。
そうCTUはルータなんです。そうとは知らずに完全にTAみたいものと思い込んで、CTUがあるのにバッファローのルーターも設置し、外部から接続できず手をこまねいてました。

CTUのポートを空ける、linuxのIPを変更する。
この2点の変更が必要になります。
CTUは、色んなサイトを参考に完了。

サーバー(linux/apache)は下記のような感じでIPを変更。
CTUはデフォルトでは192.168.24.*なのに対してバッファローは192.168.11.*です。
以前は192.168.11.10だったものを今回はサーバーのアドレスを192.168.24.40にします。
ネットワーク関連の変更は、GUIで操作できる/usr/sbin/netconfigが便利です。
私の環境では下記の設定です。

IP アドレス:192.168.24.40
ネットマスク:255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ (IP):192.168.24.1
1番目のネームサーバ: 192.168.24.1

networkを再起動
/etc/rc.d/init.d/network restart

0

Fastladder

ライブドアからlivedoor Readerの英語版としてFastladderがリリースされました。

livedoor Readerの英語版「Fastladder」、半年で10万ユーザー獲得を目指す

LDRの英語版で機能はほぼ日本語版と同じです。インターフェースは若干かわっています。
デザインも超カッコイイ!
登録はメアドだけでできるのでぜひ利用してみてください。

LDRはフィードリーダーとしては勿論、日本のWEBアプリケーションの中で一番世界に誇れるものだとと思っています。
斬新過ぎるインターフェースに最初は若干戸惑いましたが、慣れると他のフィードリーダーで浮気なんて絶対できません。
さすが、ライブドアという思いです。

去年のライブドアの事件で世間のライブドアに対するイメージはがた落ちだったけど、WEBの業界で働くエンジニア(特にperler)にとっては憧れの会社です。少なくとも僕にとっては。

Slege、CPAN author、歴代のCTO、etc..

エンジニアの僕にはライブドアといえばこう言葉たちがイメージしてしまいます。

そんなライブドアが世界に向けてリリースするとなれば応援せずにはいられません。

ぎゃんばれ、Fastladder!

0

comet

名前は聞いたことが、あったけどなんとかく調べもせず放置してきたcometというテクノロジーは、かなりWeb屋からすれば実はかなり面白い一品でした。(まだ使ったわけじゃないけど。。)

cometを簡単に説明すると、サーバーからプッシュ型でブラウザに情報がおくられてくる技術です。
ajax同様にcometという言語ではないので注意。
Webの常識として、ユーザーがなんらかのアクション(リロード、クリック)かJSやMETAでのオートリロード機能がない限り、新しいページが読み込まれることはありませんでした。
google mapもそう。ユーザーはdragというアクションを起こしてるわけです。
それが、cometを使えば完全にプッシュ型にできるので下記のような使い方ができます。

  • ページのデザインやテキスト変更をユーザーがページをみてる最中でもできる。
  • リアルタイムチャット(Linger
  • サイトで販売開始の数分前からリロードしまくらなくて済む。

等などアイデア次第でいろいろできそうです。

現状のApacheは非対応みたいなので、Jetty 6なんかを使います。
はやく触りたい触りたい。
来週は触りたい。