0

webサービス作らない言い訳

studygiftの件、鬼の首を取ったように批判してる人面倒くさいですね。

個人でwebサービスを考えたりする時、誰の為のサービスを作るべきかというところでよく悩みます。
悩んだ挙句作らない事がほとんどです。

  1. 自分自身大満足サービス
  2. 一般受けするであろうサービス
  3. 世の中をよくするサービス

作ろうと思うサービスはこんな感じでだいたい3つに分かれます。
で、だいたいそれぞれに応じた言い訳で作らないです。

1は自分自身がユーザーとなり毎日使いたいサービスだけど、あんまりでてこないです。今の世の中のサービスで十分です。
軽いバッチものだったらよく作ります。画像ぶっこ抜いてきたり、写真のサムネイル一括で作成したりするサービスというよりはツール。こういうのとは違うちゃんとしたやつ。
自分自身が使いたいのにメンバー登録やログイン機構つくるのは面倒という考えに走って作らない。

2は今だとソーシャルメディアをまとめてEvernoteにぽいとか、和製iftttとか一部の人には間違いなく受けるし作るのもそんなに難しくない。でもどうも腰が重くなる。自分はFacebookもgoogle+も使わないし、そもそも見返さないと思うから。
世の中ソーシャルメディアとEvernoteは大人気だけど自分は使ってないのにメンテするモチベーションが保てるか心配なので作らない。

3はstudygift等の直接的に人を助けるサービス。クズの部類に入る自分も少しは人の役には立ちたいなとは思ってます。
時間があれば作るわって考えなのできっとこのままグダグタいって何も作らない気がする。

1〜3もしくは1〜2が合致すれば作り出すけど、そんなサービスはあまりない。
もちろん技術的・時間的に作れないものものあるけどだいたいこんな事をグダグダ言い訳にして作らない事が多い。

この話に落ちはないです。
言い訳してる自分を可視化して、目を覚ますハックです。
グダグダいってる暇があれば何か作れ >自分
という事ですね。