0

L1ビザの面接@アメリカ総領事館

L1ビザが移民局で承認されると、アメリカ大使館・総領事館で面接があります。
基本的にここまでくれば問題なしとのことだけど、これまで同様準備が大変です。

流れとしては、

  1. DS-160のフォーム入力
  2. ビザ申請料金の支払い・面接の予約
  3. 面接

です。

DS-160のフォーム入力

まず、DS-160というフォームの入力をオンラインで行います。

一般的なペラ1のフォームとは大違いで、ページ数は20ページくらいで入力項目も?なものも多いです。もちろん途中保存もできるけど70分程かかります。
基本英語だけど吹き出しで日本語訳を出すこともできます。
現在の仕事・両親の名前・過去5回のアメリカへの渡航歴等多岐に渡ります。I-797の情報やアメリカの免許があれば免許番号とかもいるので手元に用意して置いた方がいいです。
色んなサイトで書かれてる、写真のアップロードはなかなかの苦行です。
私は4回くらいエラーがでてアップロードできませんでした。
Photoshopである程度加工してサイトにあるPhoto Cropping Toolで加工してようやくOKでした。偶然かもしれないけど、このPhoto Cropping Toolをつかったら一発でいけたのでなかなか上手くいかない場合は試してみたらいいと思います。
これでようやくDS-160が発行されます。最後に表示される証明書?はメールにして送っておくといいです。

ビザ申請料金の支払い・面接の予約

次に、ビザ申請料金の支払い・面接の予約です。
料金はL1なので$190。結果問題なかったのですが、私は、大使館面接のこと <予約編> – ひのすけまるの珍道中で拝見した情報を元に支払いページに行きました。
支払った後に支払い受付番号が発行されるのでなく、なぜか支払う前に受付番号が付与されます。サイト上にしれっとこの番号が書かれてるけど、超重要です。支払い後確認メールすらこないです。ほんと重要。
ただ、このページは本来どこからいくのだろう? 大使館面接のこと <予約編> – ひのすけまるの珍道中にリンクがあったから良かったものの本来の遷移元が見つからなかったです。他の支払いページはあった。
https://cgifederal.secure.force.com/

予約を行う前にサインアップして、DS-160程ではないけどフォームに名前やパスポート番号等をガシガシ入力していく必要があります。
ビザの種類でL1(Blanket)とあるけどL1の表記はない。かなり焦ったけどL1(Blanket)にチェックを入れておけば良いです。(問い合わせ確認済み)
先ほどのビザ申請料金の受付番号を入力する欄もありますね。
全部入力が終わったらようやく面接の予約です。だいたい週2日くらいの間隔でAvailableな日があります。明日の予約とかは厳しいけど来週の予約とかならいけそうです。

面接

ようやく面接ですね。
面接前日の話、本業が忙しくて全然準備してなかったので面接を延期しようとおもってサイトを訪れたら前日じゃもう日程変更はダメみたいでした。ということで前日18:00くらいから、バタバタしだして「あれ、何持っていくんや?」って状態に。
「明日10:00から面接ですけど、何持っていけばいいですか?」と問い合わせフォームで問い合わせてみても時既に遅し。
タイミング・書いてる人のビザの種類で変わるという事もあってブログでは色々書かれています。
サポーティングレターがいるとかレターパックがいるとか等。
結果L1(ブランケットでない)の面接に必要なのは、

  1. 面接の予約確認表 (オンラインで予約したあとに送られてくる)
  2. DS-160の確認表
  3. パスポート
  4. I-797B(I-129のReceipt込)
  5. 写真(2inch*2inch)

これを、大使館のサイトで推奨されてる並びでクリアファイルに入れる。
ただ5の写真、私は要らなかったです。
これは謎で大使館のサイトに要ると書いてるし実際総領事館でビザ申請に並んでる人はみんなもってたけど最後まで要らなかった。
面接の時に2回、写真ないけどいいかと聞いたけど要らないとのこと。謎。

ここからは大阪のアメリカ総領事館の話になります。東京の大使館と少し違うこともあるかと。

当日、10:00に予約を入れてたけど、これが10:00から面接なのか10:00に総領事館来いという意味かはわからず。
とりあえず9:30に総領事館にいったところ20人くらいの列ができてました。
並ぶこと15分程でセキュリティチェックの後館内に入る事が出来ました。PCや携帯はここに預けます。
その後3Fに移動。
ここで、必要書類のチェックと質問2件。待ち時間は7〜8分程。
聞かれた内容は、「会社名は?」「何の会社?」の2つだけ。英語でくるかと思ったけどまさかの日本語。しかも若干関西弁。
3人いたけど、みんな日本語で話してたみたい。日系アメリカ人かな。
で、同じフロアでデジタルな感じの指紋採取。

その後、2Fに面接に行けと言われテクテク階段を降りてくとすでに20人くらいの列。これは少し待った20分くらいかな。携帯なし時計なしのボッチには長く感じた。
面接は、免許センターの窓口的なカウンターでイケメンの白人の兄ちゃんに4つほど英語で質問されました

  • 「今の会社に何年いる?」
  • 「何の会社?」
  • 「役職は?」
  • 「部下何人いる?」

で「OK、4日くらいでビザ発行されるから! Have a good day!」で終了でした。
他の人は、ビザのタイプや新規や更新かにもよるけど、大体そんな感じっぽい。更新の人はUSの住所とかも聞かれたっぽい。
2つカウンターあったけど、もう片方はかなり長時間に及んでた。属人性によるのかわからないけど、少なくともL1の私はそんな感じでした。
と、謎のカウンターが一時開けられてそちらに移動させられ面接受けてる人もいました。そこも長時間に及んでた。

総領事館到着から面接終了後退館まで1時間弱でした。
パスポートが返却されてないけど、まずは一安心です。