Googleフォトで写真のバックアップ環境がようやく整った

Googleフォトでましたね。

長年の課題デジカメ&iPhoneの写真をどうするか問題がGoogleフォトの無料化で90%くらい解決しました。
紆余曲折を経て、ここ数年はデジカメとiPhoneの合わせて15000枚程の写真を、iPhoto(現在の写真アプリ)に保存してました。iPhotoライブラリはデフォルトのままだとMBAのハードディスクの容量が一杯になるので外付けHDです。
ただ、これだとノートパソコンでいつでも気軽にみれないし、外部(オンライン経由)からもみれない。
その解決策としてiPhotoの野良プラグインで定期的にGoogle+にアップロードするというもの。一度に行えるのは1000枚までだし、「ここからこの写真まで」というのも手動で選んで管理しないとダメでした。
Google+へのバックアップはrawファイルじゃなかったので、バックアップはたまにrsyncで別の外付けHDDに行うというからりアクロバティックな技も用いてました。

で、今回のGoogleフォトのリリースでiPhotoを使うのは辞めて、Googleフォトで一括管理することになりました。

既存ファイルのGoogleフォトへの移行作業が結構大変でした。
iPhotoやMacの同期ツールがあるけど、これだと既存Googleフォト(G+移行分)とiPhotoとiPhoneの写真が重複する可能性があります。
そこで、一旦Googleフォトの削除を行いました。Webだと相当時間がかかるため、MacもiPhoneの同期も止めてiPhoneアプリから削除を行います。

予め想定してたのですが、iPhoneアプリで削除を行うとiPhoneの写真も消えてしまいます。私の場合はiPhotoに置いてたので問題なかったですがこれは少し焦りますね。Googleフォトに「バックアップ」のつもりが「同期」状態になってます。Macだと「バックアップ」感覚ですね。Googleフォトから写真けしてもiPhotoから消えるわけではない。
余談続きでいうと、iPhoneアプリのバックアップはバックグランドで動いてるくれません。アプリ立ち上げとかないとダメなんです。謎仕様。

これで、GoogleフォトとiPhoneの写真は綺麗さっぱりなくなりました。
あとは、既存ファイルに関してはMacアプリでiPhotoライブラリのデータをGoogleフォトにバックアップすればOKです。rawファイルをアップロードする事もありすごい時間はかかります。1ファイル20秒程なので数日はかかりそうですが、たまに自動で出来上がるイベントを眺めたりして過ごしてます。

最近はデジカメで写真を取ることは滅多になくiPhoneばかりなので、たまにGoogleフォトのiPhoneアプリを立ち上げバックアップ取っていけば安心ですね。

さらにApple熱が下がり、次はAndroidへのスイッチが確実だと思った今回のI/Oでした。

めでたしめでたし。