0

iPhone Developer Programに登録

iPhone Developer Programに登録が完了しました。
iPhoneアプリを公開するには費用が発生しますっていうならわかるけど、iPhoneアプリは実機でテストする段階で年間100ドルの費用が発生します。
なんだか納得でけへんなーと思いながらもとりあえず登録しました。

名前のところに日本語を使ってなかったはずだけど、色んなところで書かれてるように、文字化けしてactivateできず。
appleのカスタマーサポート的な所にメールを送ってみた。

俺「文字化けしてactivateできませんよー」

apple「ご請求、ご連絡先のページをキャプチャして送ってこいやー」

俺「はい、添付しておくります」

apple「こっちで名前アルファベットにしたからもう一回やってみて」

で、見事activateされました。

その後、とりあえず作ったアプリを実機で動かす為に、iPhoneを登録します。
この辺の流れが非常に複雑ながら、gihyo.jpに素晴らしいチュートリアルがあったのでそれを参考に進めていくと滞りなく実機を認識するようになりました。

簡単に説明すると、

キーチェーンアクセスで証明書要求の作成(俺のmac)

証明書要求の登録(developer用のサイト)

証明書の追加(俺のmac)

デバイスの登録(developer用のサイト)

App IDの作成(developer用のサイト)

Provisioning Profileの作成(developer用のサイト)

プロビジョニングのインストール(俺のmac)

プロジェクトの設定(俺のmac)

もうちょっと簡略化できんものかな〜。

gihyoのチュートリアルの最後の方にある「概要」の部分に実機名が出てこなかったので失敗したと思ったけど、Xcode再起動してiPhone接続し直すと、実機名は出てこないもののアプリはiPhoneに転送されテストすることができました。
もうちょっと深くobjective-C勉強せないかんなということで、書籍も2冊購入。

大阪のWEB屋です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です