0

mixiアプリでのキャッシュの無効処理

無効処理と言う程でもないけど、mixiアプリはアプリ自体は自前のサーバーにアップします。
そのアプリをmixiから呼び出して実行する仕組みです。
毎回mixiから自前サーバーへの接続があるのも面倒な話なんで、アプリはmixiのキャッシュサーバーに取り込まれます。
これはこれでいいんだけど、開発時やデバッグ時にはかなり厄介です。
で、このキャッシュを除去するには、URLの後に下記のパラメーターを付与します。

&nocache=1

これで毎回修正を加えたアプリを取得しにいきます。

ただこれでもxmlの中に
<script type="text/javascript" src="http://hoge.com/mixiapp/opensocial-jquery.js"></script>
のように外部ファイルを読み込む記述があるとこれは引き続きキャッシュを読み込みます。

これを除去するのは、使い古されたやり方だけどURLの後ランダムな文字列(Math.random())を付与します。

大阪のWEB屋です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です