0

cactiを使う

サーバー監視用にcactiをインストールしたのでその時のメモ。
閾値を超えたらメールを送信とかできるんだろうけどそれはやってない。

下記のyumでcactiに必要なものをインストール。
yum install cacti
yum install net-snmp-libs
yum install net-snmp-utils

ログの保存とかにmySQLを使います。
専用のユーザーを作成してsqlが予め用意されているのでそれをインポートする形。
mysqladmin -u root -p create cacti
mysql -u root -p cacti < /usr/share/doc/cacti-0.8.7b/cacti.sql mysql -u root -p mysql

GRANT ALL ON cacti.* TO cactiuser IDENTIFIED BY 'hoge';
flush privileges;

作成したDB情報をconfig.phpに書き込みます。
vim /usr/share/cacti/include/config.php
$database_type = "mysql";
$database_default = "cacti";
$database_hostname = "localhost";
$database_username = "cactiuser";
// $database_password = "cactiuser";
$database_password = "hoge";
$database_port = "3306";

yumで入れるとcronがコメントアウトされた状態で書き込まれているので少し修正。
vim /etc/cron.d/cacti
#*/5 * * * * cacti /usr/bin/php /usr/share/cacti/poller.php > /dev/null 2>&1

# 面倒なんでrootで
*/5 * * * * root /usr/bin/php /usr/share/cacti/poller.php > /dev/null 2>&1

パーミッションを設定
chmod 777 /var/lib/cacti/rra

管理はブラウザから行うのでhttpdまわりも弄る。
IDパスワードでの認証もあるのでリモートアドレスの認証は省く
vim /etc/httpd/conf.d/cacti.conf

Alias /cacti/ /var/www/cacti/
<Directory /var/www/cacti/>
DirectoryIndex index.php
Options -Indexes
AllowOverride all
# order deny,allow
# deny from all
# allow from 127.0.0.1
AddType application/x-httpd-php .php
php_flag magic_quotes_gpc on
php_flag track_vars on
</Directory>

これでコンソール上の設定は完了。
あとはブラウザでhttp://(インストールしたサーバー)/cacti/にアクセスしたらまたまたインストーラーが出現します。
キャプチャをとってないけどすべて「next」とかで無事インストール完了。

大阪のWEB屋です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です