0

Elastic Load Balansing

EC2のロードバランサーです。
先のRDSと同様でロードバランサーだけを貸してくれるサービスです。
ロードバランサーにぶら下がるwebサーバーはec2のサーバーに限ります。
設置も手軽でhealth checkもでき、落ちてるサーバーが発見されれば正常なサーバーだけでバランシングを行います。
RDSもELBにしてもサービスだけを提供するのでsshでログインしたりログをみたりすることはできません。
料金は$0.025/1h+0.008/ギガなので月2000円くらいなのでお手軽に導入できます。

新規作成
test-lbというインスタンス名のロードバランサーを作成する。
elb-create-lb test-lb --availability-zones us-east-1c --listener "protocol=HTTP, lb-port=80, instance-port=80"
そうすると下記のようにFQDNを発行してくれます。
これをCNAMEにして実際は運用します。
DNS-NAME test-lb-532214734.us-east-1.elb.amazonaws.com

ぶら下がるwebサーバーを指定
i-fab73c92というi-c6b73caeというインスタンスをぶら下げる。
この二つのコマンドでロードバランサーが動き出します。
elb-register-instances-with-lb test-lb --headers --instances i-fab73c92,i-c6b73cae

health checkの閾値を設定
30秒おきにアクセスして5秒間2度応答なかったら落ちてると判断する。
elb-configure-healthcheck test-lb --headers --target "HTTP:80/index.html" --interval 30 --timeout 5 --unhealthy-threshold 2 --healthy-threshold 2

health checkの状況を確認
elb-describe-instance-health test-lb

動作してたら
INSTANCE-ID i-fab73c92 InService
動作してなかったら
INSTANCE-ID i-c6b73cae OutOfService
となります。

ぶら下がるインスタンスを削除
削除したいインスタンス(i-fab73c92)を指定する。
elb-deregister-instances-from-lb test-lb --instances i-fab73c92

大阪のWEB屋です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です