0

google public DNSの速度テスト

google public DNSがリリースされました。
DNSは海外にあって、結局海を渡るためレイテンシーは発生する。
とか
国内(アジア)にキャッシュサーバーがあるから速くなる。
とかいわれたりするので試してみた。

まずは海外にあるサーバー。
google public DNS導入前
ping yahoo.com
PING yahoo.com (209.191.93.53): 56 data bytes
64 bytes from 209.191.93.53: icmp_seq=0 ttl=49 time=159.474 ms
64 bytes from 209.191.93.53: icmp_seq=1 ttl=49 time=157.518 ms
64 bytes from 209.191.93.53: icmp_seq=2 ttl=49 time=156.937 ms
64 bytes from 209.191.93.53: icmp_seq=3 ttl=49 time=158.342 ms
64 bytes from 209.191.93.53: icmp_seq=4 ttl=49 time=156.778 ms

google public DNS導入後
ping yahoo.com
PING yahoo.com (209.131.36.159): 56 data bytes
64 bytes from 209.131.36.159: icmp_seq=0 ttl=52 time=111.162 ms
64 bytes from 209.131.36.159: icmp_seq=1 ttl=52 time=110.919 ms
64 bytes from 209.131.36.159: icmp_seq=2 ttl=52 time=110.410 ms
64 bytes from 209.131.36.159: icmp_seq=3 ttl=52 time=110.704 ms
64 bytes from 209.131.36.159: icmp_seq=4 ttl=52 time=111.652 ms

確かに速くなってる。
通常のブラウジングでは体感速度は変わらないけどサーバーサイドでクローラー作ったりするときは効果的かもしれない。

次に国内サーバー
google public DNS導入前
ping yahoo.co.jp
PING yahoo.co.jp (203.216.227.176): 56 data bytes
64 bytes from 203.216.227.176: icmp_seq=0 ttl=55 time=25.431 ms
64 bytes from 203.216.227.176: icmp_seq=1 ttl=55 time=25.047 ms
64 bytes from 203.216.227.176: icmp_seq=2 ttl=55 time=24.925 ms
64 bytes from 203.216.227.176: icmp_seq=3 ttl=55 time=24.681 ms
64 bytes from 203.216.227.176: icmp_seq=4 ttl=55 time=24.697 ms

google public DNS導入後
ping yahoo.co.jp
PING yahoo.co.jp (124.83.139.192): 56 data bytes
64 bytes from 124.83.139.192: icmp_seq=0 ttl=50 time=27.587 ms
64 bytes from 124.83.139.192: icmp_seq=1 ttl=50 time=25.896 ms
64 bytes from 124.83.139.192: icmp_seq=2 ttl=50 time=30.405 ms
64 bytes from 124.83.139.192: icmp_seq=3 ttl=50 time=26.908 ms
64 bytes from 124.83.139.192: icmp_seq=4 ttl=50 time=26.220 ms

若干だけど遅くなってる。
他にも2つほど試したけど同様の結果。
海外は高速になり、国内は微遅。

こんなテストで結論はだせんけど、
DNSは海外にあって、結局海を渡るためレイテンシーは発生する。
ってのが正解か?

大阪のWEB屋です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です