0

成長するエンジニア

”諦めた時が終わる時。
諦めなければ終わらない。
いつまでも結果が出ない努力は、努力する向きが違っている。”

久しぶりに自分のTumblrを見てたらこんな名言をクリップしてた。
ベタベタでけっこう使い古された言葉だけど、この短い文に大事な事が集約されてる気がする。
1行目2行目は大学生の頃に友人にも言われた言葉でもある。芸人になるのを諦めない的な話だったと思う。
スケールはだいぶ小さいけど、コードを書いてる時システムを設計してる時にぴったり当てはまる。時間的な問題は解決できないかもしれないけど難易度的なものは諦めなければ何でも解決できる。加えると、以前誰かがやったことのあるやつは必ずできる。
それを簡単に諦める人間にエンジニアとして成長する見込みなし。

3行目は常に意識しておかないと流されてしまう。
最適な努力する方向性というのは自分のやりたい事、信念に従って決めるものであって、他人(会社)が決めるものではない。
その他人が決めたゴールに向かって努力するのは、成長を妨げたり鈍化させたりする。ここでいうところの「向きが違う」場合が多い。
フォームばっかりだったり、CMSばっかりだったりと会社の業務内容と自分の実力の枠を越えることはあまりない。
他人からから提示される努力目標は、怒られない為の努力であったり、ルールに沿う為の努力であったりというのも多い。しかも、業務に関連するものに限られてるくるので視野も狭くなりがち。最悪視野が狭くなってる事にも気づかない事もある。
ルールが常に正しいわけでもないし、怒られたからといって自分が悪いとは限らない、空気を読まないことが悪いわけでもない。
これでも成長はするが、そんな後輩が会社にいたとしても脅威を感じない。

  • 自分が正しいと思ったものを作る事。
  • 会社に目標を定めてもらわず、自分で目標を定める事。
  • 誰にも負けない事。
  • 会社に雇われていたらその期待値を上回る事。

普段書かない内容を書くと纏まらなくなったけど要はこういう事。
別にエンジニアじゃなくても当てはまると思う。

大阪のWEB屋です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です