0

マークアップエンジニア

IT戦記 – マークアップエンジニアはどこへ向かうべきか(を考えてたらカッとなって LL の資料公開)

どこへ向かうかはしらんが、マークアップエンジニアネタを書きたくなった。
昨今の制作会社では、次のような3タイプのマークアップエンジニア(コーダー)に分かれます。

  1. 旧来のテーブルレイアウトでしか組めない人間
  2. フルスタイルでしか組めない人間
  3. そして両方使いこなせる人間

一番いいのはもちろん3番です。
受託開発では新しくつくるサイトはフルスタイルであっても、一年以上前につくったテーブルレイアウトのサイトの修正という仕事は多々あります。
jcode.plを使ったperlのフォームの修正があるように。。
それらをこなすためには、枯れた技術というものはしっかり理解してなくてはなりません。

という理由で少し残念なのが2番目のフルスタイルでしか組めない人間。
社内では一定の評価はされるものの実務ではこのように足をひっぱることもあります。
ここ1,2年でこの業界に入った若人に多いです。

そして、もっとも残念なのが1番のテーブルでしか組めない人。
ぶっちゃけ会社にはいりません。
年でいうところの30才手前に多いです。
若き頃DWを使いごりごりテーブルレイアウトしていた人たちですね。
うまく(X)HTML+CSSの波に乗り損ねた人たちは、必死で枯れた技術にしがみつこうとします。
「ユーザーはそんなこと気にしてない」と。
確かに少し上流の仕事をしていたら、その辺の技術習得は疎かになるかもしれないけど、僕が一番この手の人間が情けないと思うのは、そのフットワークの重さ。
この移り変わりの激しい業界では、常にアンテナはって新しいトレンドを追いかけないとだめなのにそんなところで停滞してるはどうかと思う。

世間でいうWeb2.0なサイトがテーブルで組んでますか?

大阪のWEB屋です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です