0

evernoteAPIをphpで使う(userstore)

EvernoteAPIは、ユーザーに関するデータの取得・更新の場合はuserstore、ノート(ノートブックやタグを含む)に関するものの場合はnotesoreというサービスを使います。

■ユーザーデータの取得する場合、userstoreのインスタンスを生成します。
$userStoreTrans = new THttpClient('sandbox.evernote.com', 80, '/edam/user', 'https');
$userStoreProt = new TBinaryProtocol($userStoreTrans);
$userStore = new UserStoreClient($userStoreProt, $userStoreProt);

開発中なので、sandbox.evernote.comへ接続してるけど本番なら勿論evernote.comへ接続するようにします。

userstoreのもつメソッドはnotestoreに比べるとかなり少なくて5つ。oauthで認証されたユーザーに関しては実質3つ。

* authenticate
* checkVersion
* getPublicUserInfo
* getUser
* refreshAuthentication

userstoreのインスタンスができたらユーザーに関するデータの取得を行う。
$user = $userStore->getUser($_SESSION['accessToken']);
引数はoauthで認証した際に取得したアクセストークン。

$userはオブジェクトとなっているので、
ユーザー名の取得
$user->username;

メールアドレスの取得
$user->email

ユーザーID
$user->id

のようにして取得する。
他にも基本的なものは取得できるけど、ノート数とかタグ数とかそのようなものは取れない。
取得できるものはこちら

jsonやxmlが返ってくるRESTなAPIと違い、基本的にオブジェクトを操作する感覚でできます。

大阪のWEB屋です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です