0

postfixでバーチャルドメインの設定

最近取得したドメインは、postfix+SMTP認証で動かしていますが、以前はqmail+vpopmail+pop before SMTPという形でした。
さすがに後者の構成は時代に乗り遅れてるのですべてpostfixに移行することにしました。
久々にメールアドレスを発行しようとしたら、ちょっと忘れてることがあったので備忘録に。

postfixの基本的な設定は完了していて、もういくつかのドメインいくつかのメールアドレスで稼働しています。
そこに新たに追加する作業でした。

まずは、/etc/postfix/main.cfに追加したいドメインを一行に記述。
virtual_alias_domains = aaa.net,bbb.net,ccc.com,ddd.net

これをこんな感じにしててかなりはまりました。
理由はもくよくわからないけど、これでもccc.comまでは動く。しかしddd.netは動かない。
動かないといってローカルで送受信はできます。
外部から送られてこない現象でした。
virtual_alias_domains = aaa.net
virtual_alias_domains = bbb.net
virtual_alias_domains = ccc.com
virtual_alias_domains = ddd.net

次にメールアドレスを追加します。
メールアドレスとIDは/etc/postfix/virtualに記述しておきます。
二つとも任意のものなので適当に。
hoge@aaa.net aaahoge
hoge@bbb.net bbbhoge
hoge@ccc.net ccchoge
hoge@ddd.net dddhoge

これを以下のコードで実際に反映させる。
postmap /etc/postfix/virtual

IDは決めただけでは実体がありません。そのID名のunixユーザーを生成しなければなりません。
# useradd -s /sbin/nologin aaahoge
そしてパスワードをを設定。
# passwd aaahoge

あとは、postfixを再起動してOK
/etc/init.d/postfix restart

たまにしかしないこういう作業はメモしておかないと絶対忘れますね。

大阪のWEB屋です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です