0

Ruby on Railsスタート

Ruby on Railsをちょくちょく勉強しては壁に当たってやめてしまってたけど今回はちょっと本腰いれて勉強中。
参考にさせてもらってるサイトは色々あるけど、一番参考にしてるのはこのサイトです。

レベル低すぎて人に見せたくないけど、とりあえず思いついたまま覚書メモ。

■DBの設定
テーブルの作成。
Migrationとかまだよくわかってないので手動で作成。
気をつけるとことは、やはりテーブル名を複数形にすること。
idはrailsの規約上「id」。
複数形にできないテーブル名のときはどうすんだろう?
drop table if exists articles;

create table articles (  id         int         not null   auto_increment,
  title        varchar(100)   not null,
  description   text        null,
  image_url    varchar(200)   not null,
  price       decimal(10,2)   not null,
  date       datetime      not null,
  vender     varchar(100)   not null,
  category    varchar(100)   not null,

  primary key (id)
);

■DB情報をrailsに知らせる
DBへの接続情報をプロジェクト以下のconfig/database.ymlに記述
yml形式なので:の後は空白をあける
production:
adapter: mysql
database: office
username: root
password: hoge
host: localhost

■scaffoldでCRUD作成
これでモデルもコントローラーも同時に作成
ruby script/generate scaffold Article Admin
モデル名は「Article」、コントローラー名は「Admin」をscaffoldで作成という意味。
命名規則があり、テーブル名はすべて小文字の複数形で、モデル名はテーブル名の単数形、先頭の文字が大文字というふうにする。

■サーバー起動
最終的にはapacheで動かすけど、テスト時はrailsのサーバー(WEBrick)を使います。
このサーバーはポート3000を使うのでアクセス時は、http://localhost:3000/admin/listという感じでつなげる。
ちなみにこのadminはコントローラー名、listはその中で定義されてるメソッド名
ruby script/server
バックグランドで走らす場合
ruby script/server -d
これでとりあえずOK
http://localhost:3000/admin

大阪のWEB屋です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です