0

Evernote Devcup Meetup 大阪 参加しました。

昨日、これに行って来ました。

エンジニアのみなさんへ: Evernote Devcup Meetup を東京・大阪・札幌で開催します « Evernote日本語版ブログ

8月か9月にアメリカで開催されるアプリ開発コンテストEvernote Devcupの概要、開発時のポイント、アイデアの出し方というのが主なトピックスです。一方的に誰かが話すのではなく、実際みんなでアイデアをブレスト&発表する時間もありました。
Evernoteユーザーの集まりではなく開発者の集まりだったのには関わらずEvernoteはこうあるべきだといった話が至る所で繰り広げられるなんとも刺激的な時間でした。

■Evernote 新GM井上さんのご挨拶
元頓智ドットの方だったんですね。

■Evernote 佐藤さんのEvernote Devcupの案内
「デブカップ」名前ダサいけど当面はこの名前になるらしい。
Evernoteのスローガンである「remember everything」は英語では「記憶する」「思い出す」の2つの意味があるけど、日本語にすると「すべてを記憶する」になる。思い出すの部分が欠けてるけどこれ重要。
あいかわらずの落ちつた話しっぷり、すごい真似てみたい話し方です。

■マインドフリー玉置さん、TAMの中川さんによるUI/UXトーク
実際会社で行われるUIのブレストの仕方、スマートフォンアプリを例に話があったり、エンジニアには目から鱗の落ちるようなな話ばかりでした。
お二方の静と動の話っぷりにも感動。

■Evernote「超」知的生産術の著者倉下さん、DualBrowser 開発者の瀬藤さん、となぜか私のパネルディスカッション。
佐藤さんのリードで去年のファイナリストのアプリを元にあーでもないこーでもないという話をしました。
佐藤さん曰くdatastoreのshareなんかのAPIはあまり使われないので狙い目かも。
ただ個人的には、なんでもかんでもソーシャルだのシェアだのいうのは好きでなく、そこにあまり力の入ってないのがEvernoteの良さだと思ってます。
食べたもの読んだものを保存しておきたいだけ。そんなのシェアしたくない、パーソナルな管理というのもいい、という話ができたのは良かった。

■会場にいる参加者を数人のグループにわけてこんなアプリのアイデアをブレスト。
三人寄れば文殊の知恵とはこの事かと思うような自分だけでは思いつかない面白いアイデアがいっぱいでました。
レシピ管理、ライフログ、自分史、回覧板等々Devcupだすださない関係なく作りたい/作って欲しいアプリだらけでした。

3行まとめ。
Everonoteは読み返してなんぼ。昨日のライフログとか読まない、数年後に進化を発揮するもの。
Evernoteはデータベースである。
小さいグループ(家族、部署)でシェアするのはおもしろい。

主催者、参加者のみなさんお疲れ様でした。
こういったものはだいたい東京で開催なんだけど、今回大阪での開催ともあり地方在住者には嬉しい限りです。
ぜひ今度はuser meetupを大阪でお願いします。

大阪のWEB屋です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です