0

fedora core5にハードディスク増設

重い腰を上げて自宅のfedora core5にハードディスクを増設しました。
serial ATAの500Gを買い設置しようとしたらserialATAにつなぐ電源がない。。。
セカンダリ用に予備があるものと思い込んでた自分が悪いけどショック。
近所のtwo topで従来のHDD用4ピン電源コネクタを変換し、シリアルATA電源コネクタにするケーブルってのがあったのでそれを購入。

ハードの設置は簡単。
その後のfedoraでフォーマットとかが初めてだったのでドキドキしたけどここを参考に無事完了。

想定外だったのが普通プライマリーが/dev/sdaとなるところ、うちのはプライマリが/dev/sdbで追加したセカンダリが/dev/sdaとなってました。
ちなみに参考元はultra ATAなのでhdaやhdbの表記です。
自分なりにまとめようかと思ったけど事件がおこったため中止。

大阪のWEB屋です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です