0

なんとくアメリカの料理について思ったこと

テレビでよく聞く、「欧米は○○なのに日本だけは××だ。だから○○にすべきだ!」 というのは乱暴な判断基準ですね。
総じてアメリカが良いか日本が良いかとは個人的な環境によりけりなのでなんとも言えないけど、ざっくり分けると住環境(設備を除く)、労働環境、コミニケーションに関してはアメリカ、公共交通機関やインターネットのインフラ、店の対応、食べ物は日本の方が良い気がします。

アメリカ行って20kg太った自分がいうのもなんだけどアメリカの料理より日本の料理がうまいです。これは譲れない。
さすが何百年もかけて日本人に最適化されてきただけある。

アメリカの料理について思ったことは3つ。
アメリカンフードというかアメリカで食べれる料理です。

肉・肉・肉

20kg太ったのは十代だったので、当時は若かったので肉だらけのアメリカの食事があってたのかもしれないけど今は食事に苦労する事が多いです。
アメリカに初めて行ったり久しぶりに行ったりして食事を取ると「うまいな〜。でも2回目はない。」って思う料理がほとんどです。一度で満足して飽きてしまう。調理方法は複数あるけどでビーフ、チキン、ポーク、(シュリンプ)をメインに構成されていて単調です。そして、肉は肉、野菜は野菜という感じでサブで野菜を出されることが少ない。肉のみってのが結構あってこれは年寄りにはキツイです。 ポテトやポテトフライがつけばまだましだけど、スペアリブだけとか辛いです。
肉自体は意外というか油っぽくない。そしてゴツくて硬い。牛肉の脂身を好むのは日本人だけと聞いたことあるけど確かにそうかも。

各国の料理

特に大都市や西海岸に言えることやけどさすが移民の国だけあって各国の料理が多少アメリカナイズされてるけど気軽に食べれるのは嬉しいです。多いのはメキシカンとチャイニーズが多いけどマイナーなところではポリネシア料理、エチオピア料理なんかもあります。タイカレーやフォーが気軽に食べれるのは日本人には嬉しいです。あっさりしたダシを楽しむ料理というのがアメリカでは少ないのでフォーの存在は非常に助かります。

料理の見た目

料理の見た目へのこだわりは全然ないです。作る側もそうだし食べる側も興味がないので食べてる最中の料理の写真をネットにアップしたりする。
そもそもアメリカ人は他国に比べ食へのこだわりが少ないらしく、ヨーロッパでは人との会話で昨晩何食べたとかどこそこのレストランで食べたという会話が多いのに対してアメリカはその手の話が少ないそうです。
あとファーストフード以外のレストランのメニューに料理の写真が少ないです。文字だけで説明してる。
これが英語のわからない人間には辛い。
特にメキシカンフードのEnchiladaやQuesadiaはアメリカ人にはある程度浸透してるようだけど日本人には単語からも想像し難く注文に戸惑います。
写真があった方が明らかに注文もしやすいだろうとずっと思っていて、一度Yahoo.comに質問を投げたことがあります。その中で一番衝撃的な回答が「そんな写真載せたらコックが写真通りにつくらなダメやろ。」的な回答でした。他の回答は「店員に聞けばいいやん」とか「メニュー高くなるやん」とかそんな回答でした。

未分類

大阪のWEB屋です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です